東京都の新宿御苑・旧洋館御休所は美しい

昨日、2月24日は「天皇陛下御在位三十年」で、
新宿御苑は無料開放された。

通りかかりではあったが、新宿門から入り、温室を経由して、大木戸門で出た。

東京都新宿御苑が無料開放された

東京都新宿御苑が無料開放された

その中で、旧洋館御休所は実に美しい。
由来と詳細は写真の通りだ。

新宿御苑 旧洋館御休所

新宿御苑 旧洋館御休所


残念ながら外観は撮りませんでしたので、赴いてご覧願います。
尚、公開日は下記の写真をご覧ください。
新宿御苑 旧洋館御休所公開日明細

新宿御苑 旧洋館御休所公開日明細


ちょっと字が小さいので拡大してご覧願います。

因みに、公式HPにはこのように記載されております(転載)。
旧洋館御休所は、皇族が新宿御苑内の温室で植物を鑑賞する際の休憩所として明治29年(1896)に建てられました。
19世紀後半にアメリカで流行したスティック・スタイルの木造建築です。
明治末から大正時代の新宿御苑には皇族がたびたび訪れ休憩所として利用し、大正時代後半には改造し、
ゴルフ、テニスなどのクラブハウスとして使用されました。
また、御苑で栽培した花々で室内を飾り、国賓を迎えてのパーティが催されたといわれています。

昭和20年の戦災によって園内の建物はほぼ焼失しましたが、旧洋館御休所は被害を免れました。
戦後は1994年まで管理事務所として使われましたが、
歴史的・文化的価値の高い建物として2000年より保存改修工事が行われ、平成13年(2001)には完成し、
同年重要文化財(建築物)に指定されています。
当時としてはゴージャスだったんですね!