今年の「春分の日」は関東周辺で大雪

なんと今年「春分の日」は関東周辺が大雪となった。
各地で交通の混乱や祝日の観光客に多大な影響が出た。

しかし、天気観測から見るとココ10年以内で、さくら開花後の雪は4回もあり、
平均すると2.5年に一回の割合となっている。

今回の原因は?
さくらの開花宣言が平年より9日早く、
観測して統計を始めた1953年以降では3番目となる速さの記録があったからかも知れない?
そのギャプで雪見桜になった。

関東では特に山間部の箱根で車の事故や渋滞がひどかった。

桜も季節に負けないで咲いてきていますから人間も春に向けを頑張ろう!